健康一口メモ


 

東洋医学的な養生法

 

< 春の養生法 >

 

 冬の間に隠れていたもの全てが芽を出し活動的になり始める時期です。

人体の陽気(体を守り、活動力を出す気)が多くなる時期であり「日の入りと共に寝て、日の出と共に起きる事だ」とされています。

心身共に伸び伸びと、活動的な気持ちになる時期です。

春の気に逆らい静かに沈んだ状態でいると病気になる。

木の芽どきになると神経痛・皮膚病・だるい・のぼせる・眠れない等という人がいますが、適当に運動をして陽気を発動させると治ることが多い。

 

< 夏の養生法 >

 

草木が成長し、万物が茂り、花咲き乱れ、陽気が最高になる時期です。

この時期は「太陽が沈むと寝て、日の出と共に起きる。

日中が長いが怠けてはいけない。

適当に運動し、一日一回は発汗するように心がける」。

気分的にも発散するような気持ちでいると良い。

陽気を発散しないでいると病気になる。

夏は心臓に熱がこもり、心臓が悪くなりやすい時期です。

陽気を発散しないと身体全体が熱く感じだし、冷房や冷飲を好むようになり、これを夏中続けると必ず下痢をします。

 

< 秋の養生法 >

 

万物が実を結ぶ時で、全てが引き締まり収納される時期です。

陽気が体内深く収納される時期です。

この時期は早く寝て鶏と共に起きる。

あれもこれもやりたいなどとイライラして活動的になってはいけない。

活動しすぎて陽気を発散すると肺が弱って冬になって下痢をする。

肺は秋によく働く。大気自然からの原気(陽気や陰気の元となるもの)を吸収し、冬に備える時期。

秋に発散し過ぎると皮毛の陽気が減少し、背部が凝り易くなる。

 

< 冬の養生法 >

 

万物が静かに沈み消極的になる時期です。全てが収納され貯蓄する時期で決して発散してはいけない。

この時期は早く寝て、遅く起きる。

陽気が深く貯蔵されている為に心身共に活動的になってはいけない。

運動をして発汗するなどは駄目である。

この時期に発汗したり、酒などで一時的に陽気が増すような事をすると、この反動で体が冷えたり、腎臓が悪くなる。

冬の時期に無理をすると春になっても陽気が発動せず、必ず手足がだるくなります。鼻血を出す人もいます。